読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

深夜メガネ

スタートアップが好きです。

写真でコミュニケーションを取るサービスが増えています

この記事を読んで面白かったのでピックアップ。

 

ファッションの好みは写真で伝えた方がいい

 

「Stitch Fixは、ユーザーが登録したファッションの好みや服のサイズなどの基礎情報とアルゴリズムを組み合わせ、そこから抽出された情報をもとに、スタイリストがユーザーの好みそうな衣類やアクセサリーを配送してくれるサービスだ」。airclosetさんみたいな感じですね。

ちょっとairclosetさんや他の類似サービスを使ったことがないので、他のサービスのことはわかりませんが、Stich Fixが面白いのは「本人が言葉でスタイリストに好みのファッションを伝えるよりも、写真などの視覚的要素を使ってデジタルに伝える」方法を採っていること。

 

言葉とファッションは相性が悪い

 

確かに、ファッションの言葉使いは曖昧です。例えば「ギャル系 ファッション」で調べてみると、ひとえにギャル系といってもその種類はとても多いです。ようは「ギャル系」という言葉だけで自分の好みを伝えるのはなかなか難しいということです。多分ギャル系の中にも色々な区分はあるのでしょうが、サブスクリプションファッションレンタルを選ぶセグメントの方々はそんな言葉知らないと思います。つまり言葉でファッションタイプを選ぶのは無理ゲーです。

 

なのでファッションの好みは写真で選びます

 

そこでStich Fixはpinterestと提携することを選びました。pinterestは「Pinterestはネット上の画像を自分の「ボード」に「ピン」して集めたり、他の人のボードに貼られた画像を「リピン」することもできる、画像をブックマークとして集めるツール」です。

2016年3月現在、piterestでStich Fixを検索すると1万件近いピンが見つかります。これなら自分好みのファッションが見つかるでしょう。選ぶの大変そうですが笑

「新たなユーザーがStitch Fixに登録すると、体型、好きな色、嫌いな色、好きな模様、いつものファッションスタイル、職場の服装規定や、ファッションへの意欲など、まずは長い質問に答えなくてはならない。そして、BOHO(ボヘミアンとニューヨークのソーホー地区を掛け合わせた造語)、クラシック、プレッピー、グラマラスなど、それぞれのテーマに沿った写真を見て、どう感じたかを回答する。」そうです。

jp.pinterest.com

 

写真でのコミュニケーションが増えている

 

Stich Fixのポイントは「いかに写真でその人の趣味に合った写真を選ばせられるか」です(他にも色々あるでしょうがここではこれに絞ります)。このように、写真がポイントになるサービスが増えてきました。スマホの写真画素数がうなぎのぼりなこと、instagramやsnapchatのような写真や動画orientedなサービスの普及、人工知能等の画像解析技術・サービスの増加、等がその背景でしょう。

 

さて、日本でも写真をコミュニケーションの中心にしているサービスを何個かピックアップしてみました

 

読モのプチプラアイテムが買える「#CBK」

 

まずは#CBK(カブキ)。

提携読モなどが自分のファッションをブログで公開。それを#CBK上に収集し、好きなコーディネートをピック。ただ、モデルさんが着ている服それ自体は高い(かもしれない)ので、そのプチプラアイテムが買えるというものです。

 

他人のおしゃれな部屋の写真がみれる「roomclip」

 

続いてはroomclip

ユーザーが「自分の家の中」を公開するSNSです。おしゃれなインテリアなんかが掲載されています。各写真にはタグがついていて、そのタグを頼りに自分の欲しいインテリアや家具を揃えていくものです。
ところでこのサービスどうやってマネタイズしているんでしょう。

 

ストーリーやECがセットになっている写真「THE WORLD ELEMENTS」

 

最後にTHE WORLD ELEMENTS。

 

PCとスマホでUIが違いますが、写真に「タグ」がこんな感じに埋め込まれているんですね。黒いのが「タグ」です。
(source)
まるでフランス。白でまとめたクリーンな世界【Heroomtage・中尾智子の部屋 / リビング編】 | THE WORLD ELEMENTS(ザ・ワールド・エレメンツ)

f:id:bignightglasses:20160416200327p:plain


このタグは複数種類があって、たとえば「story」をクリックすればその製品のストーリーが、「shop」をクリックすればECにとんだりします。便利。

 

写真と動画起点のサービスは増えるはず

 

このように、写真がコミュニケーションの中心なサービスはファッションを中心にどんどん増えています。最近は写真(にうつっているもの)のストーリーがセットになっているものも増えている印象がありますが、それはまた次の機会に。

また、最近は動画サービスも色々出てきています。動画も近いうちにコミュニケーションの主役に躍り出てくるでしょう。今はvine、snapchat、cchannnelなんかだと思いますが、「動画そのもの」ではなく「動画が媒介の」サービスが増えてくると思います。まとめるのが楽しみです。

 

それではでは深夜メガネでした!